【new】activity

■HUMAN RESOURCE DEVELOPMENT

1.Training course for Hospice and Volunteers

<Contents>
講師は、日本ホスピス在宅ケア研究会の理事の関本雅子氏を筆頭に、阪神間で実際にホスピス病棟を有する医療 関係者や、既にホスピスボランティアとして活躍されている方が講義を担当する。実地研修は、阪神間のホスピス 病棟や訪問看護等にて実際にホスピスボランティアとして実習する。

2.Hawaii Hospice Volunteer Training Program

<Purpose>
ハワイ地域で活躍する現役ホスピスボランティアとの実践的交流、またハワイの地域包括的なホスピスボランティア活動を実感することで、日本のホスピスボランティアに実践的な教育を行い、日本におけるホスピスボランティアの質の向上に貢献する
<Contents>
ハワイ現地のホスピスボランティアの方々と実践的な意見交換や交流を行い、ハワイ大学の施設にも訪問すし、実際の医療現場も見ながら、ハワイの地域包括的な社会システムの中でのホスピスボランティアの役割 や姿勢・考え方を学ぶ、座学と実地を併せた研修となります。

■International Medical Exchange Contents

1.Setting up medical support project in Laos.

<Contents>
当財団の萩原明於フェローを中心にラオス人民共和国内の Setthathirath 中央病院を訪問し、消化器外 科領域の腹腔鏡手術ビデオ・レクチャー、腹腔鏡手術ビデオ・レク チャーを実施した。

2.Setting up medical support project in Cambodia.


Cambodian pathologists will contribute to raising the standard of medical care in Cambodia by making better specimens.
<Contents>
カンボジアでは年間約600人の医学部卒業生を輩出しているが、国内で専門性の高い研修を行える施設はほとんどなく、特に病理医は国内に7名しかいない。2012年より日本産婦人科学会がカンボジア人医師を学 術集会に招聘し、2015年よりカンボジア産婦人科学会と共同で子宮頸がんプロジェクトを開始した。ただ、病理医だけではなく、病理技師の育成も必要で、今回、カンボジアの子宮頸がん検診の今後の展開に は欠かせない病理技師の育成を神戸東ロータリークラブより委託され、弊財団が主体となり、兵庫医科大学及び神戸常盤大学と協力して長期プロジェクトを行なうこととなった。

3.Setting up medical support project in Vietnam.

<Contents>
ベトナムの友好協会からの支援を得て、当財団の尾藤フェローを中心に、ベトナムの国立ハノイ小児病院の医師を神戸大学の小児外科に受け入れ、1ヶ月間の研修を行った。

4.University of Hawaii Research Support Project

<Contents>
弊財団とWoman Sapport Center of Hawaii及びホノルル財団とで共同基金を立ち上げ、この基金から婦人科・ 産婦人科領域におけるハワイ大学での研究に寄付することで、ハワイひいてはアジア、世界の医療進展に貢献する。

■Medical Equipments Developing Business

Hearing development ideas to medical professionals, and conducting marketing research such as market analysis between the medical device development coordinator and the foundation.Information on projects that can be commercialized will be provided to supporting companies at the medical device development matching exchange meeting.After that, we will support companies with a desire to develop until the commercialization of this project.

ページ上部へ戻る